犬は病気になると目やにが出やすくなります

犬によって、頻繁に目やにがでる場合があります。たとえば、シーズーなどは常に涙や目やにがでているので、涙焼けといって目頭から口元にかけて赤いシミのようなものができてしまったりしますよね。これは目の周りの毛が目に入ってしまうことで起きたりもします。なので、目が長い毛で隠れてしまうような犬種であれば、短く切ってあげることをオススメします。目の周りの長い毛を切ってあげることで、涙や目やにも減りますし、視界も広くなるので犬にとっても嬉しいでしょう。涙や目やにがでるからといって、すぐに病気であると判断することはないですが、膿のような目やにであったり、目が充血してしまうような場合は病気の可能性があります。また、稀に涙腺が細い犬もいます。涙腺が細い場合、管が詰まってしまうことで目の表面にある涙を鼻腔へと流すことができなくなります。そのため涙となって外に流れ出てしまうんです。これも目やにの原因になります。今ではその管を広げる効果のある目薬もありますので、一度病院で診てもらうといいでしょう。その目薬をさすことで、涙を抑えることができます。実際、我が家の愛犬はその病気になってしまい、目薬で治療した結果、今では涙や目やにはほとんどでなくなりました。もしも愛犬の涙や目やにが気になるようでしたら、市販の目薬で済ませるのではなく、必ず診察を受けてください。目は非常にデリケートな部分です。先延ばしにしたことで失明・・・なんてことは絶対に避けたいものです。