犬の寿命は何年でしょう

犬にもそれぞれ寿命があります。大きさによっても寿命の長さは違うようですね。犬の平均寿命は10年と少しなんだそうです。代表的なところで言うと、チワワが12年、ダックスフントが14~15年、プードルが10~14年、ゴールデンが10~13年、我が家の愛犬コーギーで12~13年だそうです。もちろん、犬種や大きさだけでは判断できないですが、あくまで平均寿命だと思ってください。平均寿命の一覧を見て、わたしは正直驚きました。わたしの愛犬のコーギーは現在11歳です。あと数ヶ月で12歳を迎えようとしています。コーギーの平均寿命が12~13年ということを考えると、我が家の愛犬はかなりの高齢?ということになってしまいますよね。しかも、5歳のときに不治の病にかかっていますので、それを考えると、我が家の愛犬の生命力というのはとても強いものになります。正直、あまり寿命のことは考えたくありません。余命があとどれぐらいかなんて考えていたら、それだけで悲しくなりますからね。それよりも、今をもっと大切に生きてもらいたいというのが正直なところです。元気なうちにいろんなところへ連れて行って、たくさん楽しませてあげたいなぁって思いますよね。みなさんは、愛犬の寿命のことを考えたことはありますか?長生きしてほしいというのは当たり前ですが、平均寿命というのはあくまで目安です。その年齢に近くなると、身体のどこかしらが病気にかかりやすくなるということでもあります。一度だけでも愛犬の平均寿命をチェックしてみてください!