焼酎の好みの違いに関して

焼酎は、多くの種類があって、個人個人で好みがかなりわかれます。
他のお酒でも同じことですが、例えば、清酒でも、淡麗辛口ではないとダメな人とか甘口が好きな人とか、清酒が全くダメな人が殆どだと思います。
焼酎の場合は大きくわけても甲類焼酎と本格焼酎です。
本格焼酎の代表的なものだけでも、芋、麦、米、そば、などあり全体で言うと種類が多いです。
また、焼酎の旨さのポイントと申しましょうか、原料が多種で、それぞれの特徴があり好みの味が、何かしらあることです。
飲み方も多種多様で個人で飲み方もまた変わってきます。
以前、一緒に飲んでいた方に面白い人がいました。
お酒に弱くなったと言いながら、ロックやストレートでグイグイと飲んでるのです。
私は薄めないと飲めないほうなので、見てるだけで酔いそうでした。
また、飲み方が合わない人というのは一つは個人の問題です。
高いアルコール度数が苦手にも関わらずに薄めないで飲んだしまった。
最初に私がやってしまったことです。
飲んだことがないから加減がわからなくて、そのままに勧められるまま飲んでました。
そうしたら、最後にはうぇ、となってしまってました。
飲めないと思ったら無理に飲む必要はないと思った瞬間です。
水割りだと何とか飲めますけど。
飲み方なんて、人に合わせるのもではないです。
自分の合った飲み方が一番美味しくいただけると思います。