歯の病気は犬にとっても苦痛

歯の痛みというのは本当に辛いですよね。わたしは先日虫歯を一本抜いたのですが、その痛みは尋常じゃありませんでした。最初は治療だけだったのですが、痛みがまったく治まらなかったので、翌日先生にお願いして抜歯をしてもらいました。ただ、痛みがある状態での麻酔というのは全然効かないそうで、激しい痛みのなかでの抜歯となりました。もう頭がおかしくなるぐらいの痛みで、思わず声をあげて泣いてしまいそうになりました。犬にとっても虫歯の痛みは同じですよね。歯の病気としては歯周病がありますが、犬というのは歯周病になりやすいのだそうです。歯周病になると、口臭はきつくなりますし、歯肉も腫れて痛々しく、出血もしやすくなります。『犬は歯磨きをしないから仕方ない・・・』なんて思ってはいけません。犬も歯磨きをさせるのです。歯の病気はそうすることで予防できます。我が家の愛犬は、子犬の頃から歯磨きの練習を怠りませんでした。いきなり歯ブラシでやろうとするから恐くなって嫌がってしまうのです。最初のうちはタオルで十分です。まずは歯茎からタオルで優しくマッサージしてあげます。すると、気持ちよくなって寝てしまいます。そうしたら今度は歯の歯石取りです。タオルをした状態で爪を少し立ててカリカリするだけでも結構取れるものなんですよ!歯の病気は、人間が根気良く歯磨きをしてあげれば避けられる病気です。愛犬のためにも毎日歯磨きをしてあげましょうね!